相続放棄の手続きのしかた

ある人が亡くなり相続が開始した場合に、現金預金や被相続名義の死亡保険、不動産などプラスの財産ばかりあればいいのですが、そうとは限りません。

不動産や自動車など高価なものを購入した際のローン、事業の運転資金あるいはギャンブルによる借金が残っていることもあります。


こうしたマイナスの財産がプラスの財産を上回るときどうしたらよいでしょうか。相続人は被相続人に帰属するすべての権利義務を承継します。



したがって、マイナス財産がプラス財産を上回るとき当然に借金を負うことになるのです。

goo ニュース情報なら、こちらをご参考にしてください。

これでは相続人に気の毒です。
したがって民法では限定承認と相続放棄という手続きを用意しています。
限定承認は相続によって得た財産の限度においてのみ権利義務を承継しますので、プラス財産を超える部分の責任は負いません。ただ、この手続きは相続人全員の意思が一致しなければできません。
そして自己のために相続が開始したことを知って3カ月以内に家庭裁判所に財産の目録を提出する必要があります。
一方相続放棄は相続人が数名いる場合でも一人ずつ相続放棄ができます。
一般的に負債が上回るときは余程の事情がない限り全員が放棄するでしょう。
相続放棄をすると初めから相続人でなかったものとみなされます。
その手続きですが、限定承認と同様に家庭裁判所へ同様の期間内に申述する必要があります。このように被相続人のマイナス財産がプラス財産より多いときは、限定承認または相続放棄の手続きを利用するとよいでしょう。