相続放棄の手続きはどうすればいい?

死亡した被相続人の相続財産を取得する事を相続と言いますが、相続財産を一切取得せず、相続する権利を放棄する事を相続放棄と言います。相続放棄は、取得する財産より借金や連帯保証人などの保証債務の方が多い場合など、相続をすると損をしてしまう時などに行われるもので、相続時に判明している債務はもちろん、後から見つかった債務についても返済義務が発生しないというメリットがあります。


相続放棄の手続きは、被相続人の死亡を知った日(相続が開始した日)から3ヶ月以内に、家庭裁判所に放棄の申述を行う必要があります。

この手続きは、被相続人の住所地を管轄する裁判所で行う点に注意が必要です。



なお、相続財産の譲渡、財産の一部である債権の取り立て、預貯金の解約して自らの為に消費するなどした場合は、相続を承認したとみなされ放棄の手続きをする事はできません。



ただし、被相続人に債務が無いと信じ、債務の存在を把握する事が難しい場合においては、債務の存在を知った日から起算して3ヶ月以内と認める傾向があり、相続が開始した日から3ヶ月期限を経過していたとしても相続放棄が認められるケースがあります。また、原則として相続放棄をするには被相続人の所有物を処分する事はできませんが、社会通念上、妥当と認められる範囲での形見分け、あるいはゴミを処分する事はできますが、あくまで常識の範囲内での処分に限られますので、不安な場合は弁護士や司法書士などに相談した上で行うと良いでしょう。