相続放棄の手続きについて

相続は不動産や預金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続することになるので、借金が多い場合に相続放棄を選ぶケースが多く見られます。



これが認められると借金を相続しなくてもすみます。
ただその場合借金だけを放棄することはできないので、相続放棄の手続きをする前には財産をよく調査して本当に借金のほうが多いのか調べておく必要があります。

相続を放棄する手続きとしては先ず家庭裁判所に相続放棄申述書を、相続できることを知ったときから3ヶ月以内に提出します。

NAVERまとめの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

必要な書類はこの申述書の他に、相続人の戸籍謄本、亡くなられた方の除籍謄本、被相続人の除住民票です。
相続放棄する人が複数いる場合でも、申述書は一人一人個別に提出しなければなりません。一度相続の放棄が認められると特別な理由がない限り取り消すことができないので注意が必要です。また借金の有無や金額がはっきりしていないため、放棄するほうがよいかどうかの判断が難しい場合は、限定承認するという方法があります。

これは財産額と借金額が確定する前にあらかじめ財産額の範囲内で借金の返済をするという方法です。


財産が余った場合にはそれを受け取ることができます。問題となるのは相続を始めて3ヶ月以上経つのを待って借金の返済を請求してくる業者がいることです。


そういった場合、相続人が借金があることを知らなかったとして家庭裁判所が放棄の手続きを認めてくれることがあります。