相続放棄の手続きをするなら

相続放棄の手続きする場合には、必要な書類などを集めることが出来れば、特に法律の専門家である弁護士などに依頼する必要はありません。



一般の方が個人的におこなうことは合法ですし、そのやり方さえきちんとしていれば、決して不可能なことではありません。
たとえば、相続放棄の手続きの方法などは、書籍やインターネット上にも掲載されており、必要な書類を作成する場合にも、裁判所へ行ったり、ひな形を入手したりすることは簡単です。
ところで、法定相続人が被相続人からの相続を放棄する必要が生じるのは、どのような場合だといえるのでしょうか。

それは、被相続人に多額の借金などがあり、プラスの財産である預貯金や不動産をその返済に充てても、なおマイナスの財産が残る場合だと考えられます。

つまり、亡くなった方の借金を法定相続人が代わりに返済しなくても済むように、相続放棄の手続きがあるといっても過言ではありません。さて、相続放棄の手続きは、子や孫やそのほかの身内などといった代襲相続人のことを考えたとき、全員が一緒におこなう必要があります。そうでないと、誰かがマイナスの財産を背負い込むことになる場合も、ないとはいえないからでしょう。ところが、そのような相続放棄の手続きは、身内に数が多いほど、必要な書類なども多くなり、非常に厄介なことにもなりかねません。

OKWaveについて分かりやすくまとめてあります。

そこで、そのようなときには、やはり法律の専門家である司法書士などに依頼する方が簡単に済むこともあるのです。